ペット

猫vs新生児

子どもが産まれて
一番大変な思いをしてストレスためているのは
私でも親でもなく
この生き物かも知れない


Kodomo2cyata_2


退院翌日の子どもと猫のちゃた
ちゃたの腰の引けっぷりに注目


子どもが泣くとちゃたも負けじと鳴く
で、寝かかっていた子どもが目をさましてまた泣く
まさに阿鼻叫喚
昼間はまだいいけど夜中は辛い
こっちが泣きたいわΣ(ノд<)

子どもが泣かずお利口にしていると
ちゃたもお利口
同レベル( ̄∇ ̄*)ゞ


両親はすっかり初孫に神経がいっていて
可愛がってくれるのは嬉しいけど
メロメロで孫をあやす両親を遠くからじっと見つめる
ちゃたが可哀想で(TT)

じゃあ私が可愛がれよって
突っ込まれそうだが
できる限り可愛がっているのだが
あの猫は私には本当に気が向いた時しか甘えてこないし
自分より下だと思っているらしくてバカにしているしさ…


でも私には可愛い存在なのよ

私と子どもが家に戻るまでの我慢だ
頑張るんだ!!


しかし出産後久しぶりに
ちゃたを抱っこしたら
あまりの重さに驚いた( ̄0 ̄;
この前母がちゃたの体重はかったら
7.8キロだった…
重い重すぎる
先日親戚に妊婦猫に間違われたし(- -;)
去勢してるし
ってか雄猫だし!!

ぷりちーきゃっと

実家のプリティーキャット別名ラブリーキャット
ちゃた(9歳オス体重7キロ)のご近影だ


どどん

2110914

`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!
なんじゃこりゃ


3110914

もはや猫とは別の生物に見える・・・

一ヶ月

キャラが亡くなって
一ヶ月が過ぎました

早いなぁ~
地震があったせいか特にそう感じる

もう泣いたりはしないけど
実家に行くと寂しい

写真を見ると会いたくなる

ちゃたはいるけどキャラはいない

ちゃたは面白い猫だと思っていたが
キャラがいたから面白く感じたのであって
単体だとただのデブ猫だと気付いた

そのデブ猫もキャラが亡くなってから
様子が変だったが
未だに挙動不審
以前からよく鳴く猫だったが
更にパワーアップしているし
何を伝えようとしているのかな?
すごく気になる


給料が入ったので
動物愛護協会にも義援金送りました
最近忙しいおかげで
給料もいつもより多目です
だもんで少しだけど義援金を送れて良かった

被災地の方達もですが
動物たちの事を思うと胸が潰れそうになります
どうか一匹でも多くの動物が救われますように
幸せを取り戻せますように

宮城県石巻市にある猫の島こと田代島
大きな被害はなかったみたいですね
島の人たちや猫たちが心配だったので
安心しました
猫の島、いつか行ってみたいな

たまには郷土料理

土曜日に実家の家族と親戚たちで
鯉を食べに行ってきました


鯉苦手なんだよねぇ・・・
じゃあなぜ行ったかって
ご馳走してもらえるし、皆行くし・・・


久しぶりに鯉食べました
やっぱクセあるよね
あらいは昔より美味しいと思った
うま煮は苦手だ
美味しいと評判の店でもダメなのだから
もう根本的にダメなのだろう私


久々家族、親戚と食べて飲んで語らう
楽しいものです


キャラがいなくなった実家は
やはり寂しいし違和感がある
今でもぬっと現れそう
というか現れてもらいたいんだけど


それは人間は元より
残されたちゃたも違和感を感じているらしい


キャラが亡くなる2日前位から
落ち着きをなくし鳴きまくり
キャラを見て威嚇しまくり
亡くなる前夜は一晩中鳴いて騒ぎ
遂には父にベランダに追い出されたそうだ
(父曰く窓開けたら勝手に出て行ったそうだ、
でしばらくしたら中に入ってきたそうだ
決して虐待ではない)


それでも大分落ち着いたとは言えまだ変だ
とにかく無駄によく鳴くし
しょっちゅう父の膝の上に乗ってるし
(ちゃたは人間の膝には乗らない)
膝の上で甘えたりリラックスしている訳でもないのが
また謎だ


ちゃたは何を考えているのだろう
すごく気になる、聞いてみたい


どうでもいいが、ちゃた
生後4ヶ月の従妹の子供より重い
一体何キロあるんだよ??

キミとボク

さっきキャラとお別れしてきました


上手く言えないけど
亡骸を見て
少し諦めもついた気もします


いつかいなくなった時
悔いが残らないよう
いつもありったけ可愛がってきた
でもやっぱダメだね


ずっと見ていたい
ずっと触っていたいよ


これから先も
もう一度キャラに会いたい
触りたいって何度も何度も思うのだろう


なにもキャラをなくした翌日に見なくてもいいだろうよ・・・自分
キミとボク


猫(アメリカンショートヘア)と青年の
出会いから別れを描いたフラッシュ
ずっと前から気になっていたけど
今日つい見てしまった
映画化もされて絵本も出ているそうです


気が狂いそうな位大号泣してしまった
もちろん悲しいだけじゃなく優しいんだけどね
その優しさも今の私には泣ける


いつか立ち直って泣かなくなるだろう
その時まで泣きたいだけ泣きます

さようなら

さっき実家の愛猫キャラが
息を引き取ったと連絡がきました

前回のブログの後、動物病院に2日入院して
昨日退院したので
今日会いに行ってきたが
ご飯も水も取らずただ寝ている姿や
体はだいぶ体温が下がり
ひんやりとしていたので
正直「もうダメだな・・・」と覚悟を決めたし
と言うか「もういいよ」って思った

両親もこれ以上の延命処置しても
キャラに辛い思いさせるだけだから
このまま静かに
家で看取ってあげたいと言っていて
私もその通りだと思いました

父が会社から帰ってきて
母とキャラの写真を撮って
20分位後だったそうです

父を待っていたのかな

キャラとの思い出をあげればキリがないし
今は何も考えられない

15年間ありがとう
大好きだったしこれからも大好きだよ
さようなら
また会おうね

藁にもすがって回復を願う

実家の愛猫キャラの具合が悪い
元々すぐ膀胱炎になるのだが
数日前にも膀胱炎で獣医にかかったら
だいぶ腎臓の機能が低下しているとの事
猫は腎臓の病気が多いんだって
死因も腎不全が一番多いとか・・・


以前は3.5キロあった体重も
2キロまで減っているし
ここ1、2年は抱っこするたびに
「随分軽くなったな」って思っていたが
まさかそんなに減っていたとは・・・


もう15歳だし
あちこちにガタがきてもおかしくない年齢


母はただ今友達と韓国旅行中なので
昨日も猫の様子見に実家に行ったが
まだ調子が戻らないのか
やはり大人しい
この前の日曜日に会ったときは
普通に見えたのにな


色々覚悟とかしなきゃいけない時期なのかな
年も年だし
でもまだまだ元気でいてもらいたいよ


ネットで「腎不全の猫に奇跡の水」っていうのが売っていて
買ってあげようと思うが
30本で8000円と高いんだよ
旦那に「インチキに決まっているだろ」と言われ
ネットでも「効き目なし」って声も目立つし
すっごく迷う

でも藁にもすがる思いなんだよ
自己満足かもしれないけど
やはり買ってみようかな


もちろん獣医さんの言うことは聞くけど
それ以外で
神頼み、民間療法、トンデモ
元気になるならなんでも試してみたいよ


お願いだから元気になって

もみもみクッション

毛布などの柔らかい生地で
もみもみするのが好きな実家の猫キャラ

1101022
母に怒られたって
やめられない、とまらない


ちなみにもみもみは
子猫が母猫のおっぱいを飲むときに
乳が沢山出るように
母猫のおっぱいを前足でもみもみ刺激する行動
この癖が抜けきらない成猫も結構いるみたいですね

先日イオンで
「もみもみふみふみクッション」なるものを購入
毛布っぽくてふわふわ柔らかい手触りなの

早速実家に持って行きキャラの前に置くが
お腹が減っているせいか反応が薄い
母が「こうやってもみもみしなさい」
とキャラを押さえつけてクッションの上で
無理矢理もみもみさせたら
珍しくキレて廊下に逃げていってしまった

そしてなぜか
ちゃたはこのピンクのクッションを怖がり
クッションの前をダックスフント並の低姿勢で歩く
クッションを軽く動かしたら驚いて逃げていった
最後は恐怖のあまり首が縮んでなくなっていた
なぜなんだ
人間には見えない物がとりついているのか・・・

せっかく買ってきたのに(涙)
こんなに嫌われて
このままだと母に捨てられちゃいそうだなと思いつつ
今日実家に行ってみたら

キャラちゃんクッションの上で
ご機嫌でもみもみしていました
(ちなみにピンクがクッション)

2101022
「恍惚」という言葉が似合う
うっとりと遠い目のキャラ

101022
わずか一週間でクッションが微妙に薄汚れていた
余程愛用しているのね
嬉しいけどなんで家猫なのに
そんなに足が汚いんだ??

豚に真珠 猫にハーネス

100809

おっすおら茶太郎
アイアイのお猿さんみたくしっぽが長いが
れっきとした猫だぜ

先日も久々に網戸を枠ごと窓の下に落として
無事脱走に成功さ

そうしたらご主人様たちの怒りを買い
旦那様が奥様に
「紐とハーネス買ってきて犬みたくつないどけ」と指示を出し
奥様はペットショップへ買いに

ハーネスは犬用しかなく
奥様は中型犬用と小型犬用で迷ったそうだ
が、おらは一応猫だ
体重が7キロあって宅急便のおっちゃんに「でっけぇ猫だいやぁ~」
って言われても一応猫だ
奥様は小型犬用ハーネスと散歩用紐を購入し帰宅

早速ハーネスをおらに装着されようとするが
くっ苦しい
胴周りがキツイというかはまらない

考えてみれば小型犬ってチワワとかトイプードルじゃないか
ベジータおらを裏切ったな~

おらは不完全な形で室内でハーネスを装着された
100813
もう諦めモード

新盆とやらの時は
来客が多く、縁側の窓は全開にしていた為
2階に閉じ込められるか
リビングで紐でつながれ情けない姿を晒すかのどちらかだった

愚民どもの爆笑の渦の中でおらは誓った
「復讐してやる。じっちゃんの名にかけて」

今日の癒しの一枚

結婚前、実家のキャラ
私の膝の上が定位置でした

けど結婚して家を出たら
他人と見なしたらしく
実家に行っても
私の膝の上に乗らなくなりました

が、流産してから
妙に膝の上に乗ってきます
この暑いのに・・・腕枕・・・
この時スピースピーと寝息を立てていました

100611

待ち受けにしたい位かわゆい
癒しの一枚
寝顔ですら賢さが出ていますね

動物の第六感が働き
元ご主人様みたいな人のピンチを察したのでしょうか
それとも空に帰った子が乗り移ったのか??

真相はわかりませんが
とにかく癒されます

キャラちゃん
ずーっとずーっと
長生きしてね

あっ、ちゃたは何も変わらず
相変わらずです

より以前の記事一覧

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ