旅行・地域

西伊豆旅行

安定期のうちにと
11月29日、30日と西伊豆に行ってきました

小海の高原のパン屋さんに久々に寄って朝食購入
たまごパン(正式名称忘れた)がマヨネーズより卵の味が買っていて
美味しかったです

息子はハイジの白パン
これも美味しかったけど粉がポロポロ落ちるのが難点


で目指す先は御殿場のアウトレット

天気が良くて富士山が綺麗でした
でも風が強くて寒かった
某避暑地近くに住んでいる人間が寒いって言うのだから相当なモンでっせ

金曜日のアウトレットはさすがに空いていて
10時半過ぎに到着したが場内駐車場はガラガラ
かなり近い所にP7の2階に駐車できました

中も空いていたので息子はある程度好きに歩かせる
息子大はしゃぎ
お昼は魚がしで回転寿司
30分位並んで入店
息子はなぜか納豆巻き食べてくれず
結局茶碗蒸しと持ってきたみかんと卵ボーロを食べて
車の中でパンを食べさせた

午後になったら混んできて
Gapやらプチバトーで子ども物買って宿へ向かった

妊婦だと自分の服買おうという気持ちが薄れる
♪デブに似合う服なんかはありゃしないのよ~♪
とB'zのギリギリchop替え歌バージョンがいつも頭をよぎる


で、本日のお宿は西伊豆は土肥の明治館
子連れ歓迎のお宿だとネットで見たので予約してみた

Dsc_1576
全室オーシャンビュー

部屋の中にはお尻拭きやオムツ捨て用バケツ
子ども用の浴衣やタオル歯ブラシ等も用意されていました

チェックインのときに「オムツも用意しますよ」と言われたが
まさか無料じゃないよね笑
持ってきてあったから詳しく聞かず断ったが


私が妊婦だからと貸切風呂を無料で使わせて頂きました
ありがたや~
息子自宅とばあばの家以外のお風呂初体験記念すべき温泉デビュー

始終号泣で終わりました
凄く良いお風呂でさぁ、露天風呂もついていたのに
からすの行水で終わった

元々場所見知りが激しい性格なのは熟知していたが
1歳8ヶ月、度胸もだいぶついてきただろうという考えは甘かった

ホントこの性格で大丈夫なのかなぁ・・・


そんな散々なお風呂の後は夕食
せっかくだから部屋食ではなく食堂で食べるコースを選びました
こっちだとデザートバイキングがつくのよ

11月末の金曜宿泊
本来なら子ども連れが多数の宿だが
この日に限っては子連れはわが家ともう一家族のみだと食堂の方から聞いた
で、そっちの子連れは部屋食だそうで
食堂はわが家以外は全組大人

なので宿の方が気を遣って下さったようで
海の見える半個室の場所を用意して頂きました

またしてもありがたや~


料理は基本プランというコースにしたのだが
ボリューム満点
天ぷらと手長えびが美味しかった

そうそうこの宿、子どもの食事無料で付きます
それも離乳食、幼児食、大きい子ども向けと3タイプ選べる
ちなみに小学生以下の子ども2人は食事付きで無料で泊まれます
これって凄いよね

目の前海だし

子どもたちがもう少し大きくなったらまた来たいな

食後は縁日コーナーを見る
子連れがいないから貸切状態だった
息子は思ったよりテンションが低かったので長居せず部屋へ戻った


翌朝は息子が起きる前に一人でこっそり大浴場へ朝風呂
予想以上に混んでいてびっくり
おばちゃんたちが朝風呂入らない訳ないもんね
しかし朝からよく喋るなぁ~
私も子育てが落ち着いたら友達と旅行行きたいな

Dsc_1585
すぐ傍の港からカーフェリーが出航するのが部屋から見えた
息子は思ったより食いつかず
タイヤやキャタピラ(今はクローラーって言うの?)が付いたものが好きらしい

朝食バイキングでがっつり食べてチェックアウト

せっかくだから帰る前に目の前の海に行ってみた
ホテルの専用出入り口から出てもう目の前が海
出入り口にシャワーもついていて海水浴にぴったり

Dsc_1587
息子はじめての海遊び
案の定びびっていた


ホテルに戻ったらフロントの方がわざわざタオル持ってきてくれた
どこまでも優しいホテルです
子連れ旅行にホントお勧めですよ

その後向かった先は修善寺虹の郷
昔家族旅行で行ったなぁ


息子は電車見て喜ぶが
それ以上に踏み切りを見て大はしゃぎ
なぜか最近好きなのよ
踏み切り好きってうちの息子だけ??

園内は広すぎてとても一歳児連れて一周は厳しい

線路沿いの人気のないマイナーな道をカナダ村まで歩く

Dsc_1590


カナダ村で少し遊んで
電車が来るたびに遮断機に大喜びして
帰りは電車に乗って戻ってきました

息子車以外ではじめての乗り物
泣きもしなかったがはしゃぎもしなかった

まだ乗るより見ている方が楽しい年頃みたい

昼食は食べログで見てチェックしていた帰り道の沼津にある
自然派バイキングの「わが家の台所」というお店に行ってみた
いいよねバイキング
子ども出来てから余計バイキングが好きになった
自然派だと子どもも食べられる物が多いから特にいい
息子ははじめて食べたもずくに夢中になっていた

スイーツまでどれもこれも美味しくて家族3人大満足

あ~こういうお店近所にも欲しい欲しい欲しいよ


とざっくりダラダラと書いてみましたが
妊娠中のせい?息子がだんだんイヤイヤ期の兆候が見られるせい?
旦那が時々気が利かないせい?
妙にイライラカリカリしちゃう場面がいくつかあって自己嫌悪

でも楽しかったし良い思い出になりました

息子は車中からはたらく乗り物を発見するたび喜んでいたので
移動時はあまり大変じゃなかった
暗くなって景色が見えなくなってからは騒いで大変だったけど
まぁ自家用車だし騒がれてもいいんだけどね

旅行後いきなりトーマスに目覚めたから
もう少し早く目覚めていたら虹の郷ももっと楽しめたかもね

今度は4人でどこへ旅しよう?
まずはやはり軽井沢おもちゃ王国あたりからスタートかな?

いや、息子に合わせて富士急ハイランドのトーマスランドかな?


GWだ!山中湖だ! その2

そして向かった先は本日のお宿
山中湖のペンション
ヴェンティチェロ

ここは小さい子どもがいる家族専用のペンション
まだ新しい建物です

楽天で見つけてここに泊まってみたいが故に
旅先を山中湖へ決めたのだ

客室は各部屋コテージになっているから騒がれても大丈夫

Dsc_1113
部屋の中はこんなカンジ
今の息子に合った玩具もカゴの中いっぱいに用意してありました
ありがたや~


Dsc_1114
夕食は食堂でイタリアン
サラダのドレッシングとピザが特に美味しかった
離乳食は各自用意でしたので
レトルトのを温めてもらい
サービスのお粥とあと子供用にフルーツを頂きました

食堂にはキッズスペースがあり
子どもたちはそこで遊んでいました

ここの宿は子連れには本当に至れり尽くせり
細かいところまで配慮がなされています
ご飯も美味しいしお勧め


息子が一番小さかったが
他の子たちに興味津々
だけど相変わらず人見知りなので一緒に遊ぶには程遠い
隅の方で玩具をちょこちょこいじって遊んでいました

私たちはそれを眺めながらゆっくりワインを飲んで寛ぐ
が、息子を見ていると酔えない

息子はグズグズ言いつつ寝たが
夜泣きはしませんでした


翌朝は天気はまぁまぁ
食堂の窓からは富士山が見えました


チェックアウトをして車に乗ったら
あっという間に息子寝落ち
予定が狂う~

旦那と交代でお土産屋さん見て
息子が起きた後は、山中湖で鯉や白鳥に餌やり

Dsc_1116
鯉怖いよ鯉

旦那が一度餌やりを見せたら
物を落とすのがブームの息子
ちゃんと覚えて一生懸命鯉に餌をあげていました


Dsc_1120
宿の奥さんいわく
山中湖の白鳥は一年中住み着いているとの事
白鳥ってはじめて間近で見た
結構大きくて怖い
後、首から上が薄汚れていた
白い毛の生き物の宿命だね
子どもの頃飼っていた白猫ロッキーも首から上が汚かったわ

息子予想以上に餌やりが気に入り山中湖で随分と遊んだ

お昼は湖畔沿いのジョナサンで食べ(息子はお子様うどん完食)
中央道の渋滞に少々巻き込まれ(息子タイミングよく寝ていた)
帰宅しました


息子連れてのこんな遠出はじめてだったから
どうなる事かと心配だったが
全然大丈夫でびっくりしました


まぁ勝因は
よく言われますが
子ども中心で予定を立てる
これに尽きますね

私も(多分)旦那も旅に出て非日常を味わうのが好きなので
行く場所や内容はどうでもいいのですよ
どこへ行っても楽しい
だから子ども中心で行動するのも苦ではないです

後、しっかり計画を練り
遊びに行く場所、ご飯を食べる場所、休憩する場所も
第一、第二候補、場合によっては第三候補までしっかり調べて
臨機応変に対応していく事
その場で色々考えてあたふたしている時間はもったいない
子どもが飽きて機嫌が悪くなってしまう

それと、車の中や店内で飽きないように
お菓子やジュース
安いのでいいのでちょっとした新しい玩具を用意していおく
我が家は普段はお菓子やジュースを与えないので
これだけで大喜び
食べ終われば飽きるけど・・

子どもだって出先では美味しい物食べたいよね


今度はいつ、どこへ行こうかな
息子がだんだん大きくなってきて
行ける場所が少しずつ増えてきて嬉しいな

GWだ!山中湖だ! その1

5月2、3日に山中湖界隈へ旅行にいきました

3月にも北軽井沢へ旅行に行きましたが
息子、本格的な長距離移動は今回がはじめてです

朝5時にパジャマのまま寝ている息子を車に乗せ出発
外は思ったより寒くて
5月だっていうのにフロントガラスがうっすら凍っている
寒さで息子起きてしまった
暖気運転しておけば良かった 5月なのに・・・

今回の旅行の前日についに旦那と私の車を交換しました
息子はいつもと違う車で驚いているのか
ひたすら私の髪をいじりつつなかなか寝ない
40分くらいしてようやく寝た
無理な体勢で髪をひっぱられていたから軽く酔った


双葉のサービスエリアに寄ったらタイミングよく息子お目覚め
赤ちゃんルームで着替え

車中で大好物のバナナをゆっくり食べさせ時間稼ぎ
GW中とはいえ平日なので道はすいていました
なので御殿場まで一気に移動
御殿場のマックで朝マック
息子マックデビュー
パンケーキのハッピーセットを頼む
新幹線プラレールはスーパーこまちでした
私は黄色い整備新幹線が欲しかったな
パンケーキは何もつけないまま食べさせたが完食
コーンのサラダも少し食べさせてみた
食いつきよかったが消化が悪いので程々に
牛乳はほとんど飲まず
どうも牛乳好きじゃないみたいで・・・困ったな


本日の行き先は
ぐりんぱ

Dsc_1084
天気が悪すぎて泣けてくる


Dsc_1085
一応富士山の2合目らしい


ぐりんぱはおもちゃ王国とほとんど同じ
息子はまだ外で遊ぶほどではないので
大人の入場券のみで室内遊びのみ

Dsc_1088
中はこんな感じ

おもちゃ王国のとき当時10ヶ月だった息子は
最初気後れしてしばし謎のストレッチなんぞしていましたが
今回は即大はしゃぎ


Dsc_1089
画伯のありがたい絵
いやぁ、意外とちゃんと書くものですね


Dsc_1095
ブロックを一つ一つ通路に運ぶ図
(親が後できちんと元の場所に返しました)


Dsc_1105
ヤンキーのような運転態度の息子
後ろに疲れた佇まいの旦那

その後ろのお父さんも疲れている雰囲気
たまにしか一緒に遊ばないと疲れるでしょう
毎日一緒に遊んでいるもの疲れるけど


ぐりんぱを後にして下山
息子は途中で予定通り寝る
ちょっと遅めの昼食は御殿場の回転寿司ならぬ流れ鮨
御殿場のアウトレットにも入っている沼津魚がし鮨グループのお店です
タッチパネルで注文したお鮨が流れてくるシステムで
普通の回転寿司とそう違いはありません

GWいえど一応平日、しかも微妙にお昼をはずしたのに
ちょっと混んでいて並んだ

順番がきたので息子を起こして店内へ
Dsc_1111
昼間から鮨とビール
至福の時・・・

息子はというと店内で再び寝てしまい
結局食べ終わるまで起きませんでした


私は息子を抱いたまま鮨を味わいビールを飲んだのです
そのせいか全然酔わなかった
もっとベロベロになるかと思っていたのにつまんない・・・

鮨は案の定美味しかった
過去記事でも御殿場アウトレット店についてさんざん書いたので
詳しくはパス
駿河三種盛り良かったよ~

あ、よく美味しい回転寿司屋について書いているが
生もの苦手です
貧乏舌だから偉そうな事言えないが
苦手だからこそ美味しいお寿司しか食べません
行ったことないがスシロー10回行くなら
美味しい回転寿司屋に1回行きます


親は美味しいものいっぱい食べ
ようやく目覚めた息子は
車の中でパンとベビー用のジュース与えました

家族3人で初旅行

先日(3月2、3日)
北軽井沢へ泊まりで行ってきました
息子11ヶ月、初旅行です

軽井沢おもちゃ王国の隣の
グリーンプラザ軽井沢に泊まりました

有料道路回避のため抜け道を利用したけど
どこをどう間違ったか迷ってしまった

ネットで調べたときは単純な道だったのに

ナビなしの私の車できたので焦った
結局スマホのナビを使った
見やすく使いやすくとても良かった
これあれば普通のナビいらないかも
でも電池の減り方がすごいからやっぱ厳しいか

予定時間を1時間オーバーして到着

Dsc_0951
グリーンプラザ軽井沢


今回泊まったのは赤ちゃん専用ルーム
ベビーチェア、おむつ用ゴミ箱、おしりふきなどなど
赤ちゃん連れのための部屋

外観に比べて部屋の中はちょっと古かったけど
オフシーズンで大人一人一泊二食付き12500円なのを思うと
お得


息子は旦那に預けて大浴場へ
ここもベビー用バスチェアや
洗い場にはベビー用サークルやベビーベッドなど
赤ちゃん連れに優しい設備が整っています

久しぶりの温泉気持ち良かった
お風呂の種類も色々あり、特に洞窟風呂が気に入りました
夏休み中とかは子どもが沢山いて大混雑するだろうなぁ
今の時期はゆっくり入れて良かった

チェックインが遅れたからちょっと慌しかったのが残念

シャンプー類も温泉でお馴染み馬油をはじめお茶のシャンプーなど
3種類くらい置いてあった


夕食はバイキング
目の前で焼いてくれるステーキなどなど
美味しかった
で、何がすごいって離乳食のバイキングもあるって事
これは有難かった
旦那は90分1600円の飲み放題つけていた
そんな旦那に息子はよく付き合ってくれた
(最後はグタグタだったけど)
私は慌しかったけどデザートまでしっかり食べる
今度は私も飲み放題つけたいなぁ


で、夕食後キッズルームに寄り道
1部屋1泊500円で遊べます
支援センターとか連れて行っていないので
息子は大喜び
2組いた家族連れもいなくなり
貸切状態の中
手押し車を押して押して押しまくる

Dsc_0948
大はしゃぎ中

危ないから片手は大人がつないでいたが
すごい早さで押して歩くから疲れた
でも楽しそうな息子の顔が見れて良かった


部屋に戻り息子は部屋の中のお風呂に旦那と入り就寝
が、興奮しているのか11時くらいまで寝なかった
泣いたり大騒ぎしなかったから良かったけどね
心配していた夜泣きはなくて安心した


翌朝、私はまた朝風呂
その後朝食
朝食もバイキング、もちろん離乳食もありました
昨夜と違い飽きてグズグズ言い出す息子
まぁこれが本来の姿か・・・
フレンチトーストゆっくり食べたかったよ


旦那がチェックアウトする間またもやキッズルーム
今日は他の家族連れも結構居た
同じ月齢くらいの赤ちゃんに笑いかけられ泣き
2歳くらいのお兄ちゃんから玩具貸してもらって泣き
相変わらずの人見知りを大発揮
影の方の玩具でひっそりと遊びました

チェックアウト後向かった先は
Dsc_0952
軽井沢おもちゃ王国


昔はプレイランドっていう遊園地だったよね
子どもの頃きた記憶がある
大観覧車は昔からあった

今シーズンから一部施設で冬季営業はじめたそうです


アンパンマンの玩具が沢山ある部屋へ
ここは0歳代の子どもも楽しめる


Dsc_0953
息子は場の雰囲気に慣れないせいか
沢山の玩具を目の前にして
しばらく謎のストレッチ

その後はまた玩具を押して遊ぶ
なぜか手押し車ではなく
子ども用の机やら挙句の果てには
滑り台を押して歩く
せっかくきたのだから色々な玩具で遊んでもらいたいのに


Dsc_0954
まぁ、息子楽しんでいたから良かった

1時間ちょっとで睡魔の限界がきたようなので撤収
車に乗って5分もしないうちに寝た

おもちゃ王国閑散としていたが
小さい子連れなら遊べるところも限られているし
冬季営業でも十分だと思った

子連れ旅行
やってみたら慌しい面もあったが十分楽しめました
子ども中心の計画を立てたのが良かったと思う
息子も1歳近くなって成長してきているから
楽しめたようで良かったし嬉しそうな顔が見れて親も良かった

今まで縁のなかった子ども向けの宿
新鮮でした

こういう子連れに優しい宿
すごくいいね~


近いしまた暖かくなったら遊びに行こう
今度は迷わないようにしなきゃね

湯河原旅行4 御殿場アウトレット

湯河原から御殿場へは
行きとは違う道で行ってみようと
一般道まわりで行ってみたら
箱根を越えるのに大渋滞

結局行きと同じ有料道路通りました
大回りしてすごい時間のロス
しかも霧で前がマジ見えねぇ~
いやいや真昼間からあんな濃い霧が発生するとは
箱根ってすごいね


昼過ぎようやくアウトレット到着
しかし駐車場がない
場外駐車場もどこも一杯でたらい回し
今まで朝イチか夕方しか行ったことなかったけど
中途半端な時間だとこんなに大変なのね


なんとか場外駐車場に停めてシャトルバスに乗り中に入る
ふう~・・・疲れた
遅い昼食はアウトレット内の回転寿司

美味しくていつも行列ができている店
昨日から魚ばかり食べているが
ここに来たらこの回転寿司屋に入らなければ気が済まない
40分ほど並んで席に着く
寿司を堪能して再び買い物

3着ほど買って終了
妊娠してから胸が大きくなってさ
元々胸大きいのが悩みの種だったのに更に巨大化
試着しても胸がきつくて入らないの・・・
更に大きくなるのかい
しかもお腹も大きくなるって
一体どんな服買えばいいの
(これ前にも書いたな)
出産後の授乳まで考えると
いよいよ何買っていいのかわからない
とか言いつつ3着、しかも旅行前日もふらり立ち寄った
某店で2着買ってるし
わかならいって騒いでいる割には買っているよね

後はブーツを買えば気が済むかな??

今回の旅行
思ったより疲れずに帰ってこれました
1ヶ月半くらい前なんてちょっと出かけただけで
疲れ果てていたのにね

元気になって良かった良かった
翌朝さすがに足が痛かったけどね
それだけで済んで驚いた

この調子で次は東京ドームでB'zライブだ


しかし御殿場アウトレット前は最強だと思ったけど
軽井沢にも同じ店が何店か入ったから
私の中ではちょっとランクが落ちたかな
後はAS KNOW ASとチャオパニックが軽井沢に来ればほぼ完璧
(切望)
あっ、軽井沢はもっと子供服の店も欲しいな

今現在、近場のお気に入りアウトレットは
入間、佐野>>>軽井沢>>御殿場>南大沢>横浜>>小淵沢
かな?


湯河原旅行3

夕食は評判通り凄かった


ほんの一部↓
6111105
これで2人分


7111105
かさごのから揚げ
美味しかった

その他、前菜、金目鯛の煮付け、松茸の土瓶蒸し、
かますやうにの塩釜焼き、蟹のお味噌汁に伊勢海老の炊き込みご飯
そしてデザート
どれも美味しかった
お腹いっぱいだよ
こりゃ完全に太ったわ
帰ってきてからまだ怖くて体重量ってないの

ちなみに部屋食でした
部屋食、子連れになったら重要ポイントになりそう

しかし酒飲めないって辛い
つまんないから夕食後またお風呂入って
10時半には寝てしまった
旅先でこんな時間に寝るなんて大人になってはじめてだと思う

朝5時過ぎトイレに行きたくなって起きる
そうしたら寝付けなくなったので
早朝風呂
好きな時間に入れるって最高だわ
もう一度寝て7時過ぎ再び起床
で、また風呂
これぞ温泉旅行

そして朝食
8111106
朝から豪勢だ
さざえのつぼ焼きまでついてるし
(私は苦手だが・・・)
卵焼きが特に美味しかった
苦手なうなぎが入っていたが問題なし

チェックアウト後は
帰りがてら御殿場のアウトレットへ

湯河原旅行2

本日のお宿は「うおき」
小ぢんまりとしたお宿
元魚屋さんで料理が評判なのと
源泉の露天風呂付き部屋があったのが
予約の決め手

周りは住宅街なので景色はイマイチ
でもお値段を考えれば十分さ~

11111105
和室

22111105


3111105_2
ちょっと写真が暗いが寝室は別

41111105_2
で部屋の露天風呂

52111105_2
まるでプールだよ
浅いので寝湯でいつまでもつかっていられた


地下の大浴場にも行ってみた
早い時間でたまたま誰もいなかったから良かった
まだ見るからに妊婦体系ではないとはいえ
やはり人前でさらせない

私好みのお湯がぬるっとしていて
化粧水に入っているような温泉で
大満足

露天風呂付き部屋
最初で最後の贅沢にしようかと思ったが
好きなときに気兼ねなく入れるって
子連れ旅行向きだよなぁって思った

出産後落ち着いたらまた温泉旅行行こう

湯河原旅行1

先週末、箱根・湯河原へ行ってきました

出産前に夫婦2人でちょっと豪勢にのんびりとね


1日目は箱根へ
途中サービスエリアで朝食摂ったりしつつ
4時間ほどで到着


芦ノ湖のほとり
桃源台駅からロープーウェイに乗って

1111105

天気が曇りなのがちょっと残念
紅葉はイマイチだなぁ
軽井沢辺りの方がずっと綺麗だ


2111105
大涌谷駅から見た富士山
風が強かった


3111105
駅からしばらく登るとこんな景色
別世界にきたようだ

箱根の山はかつては火山で
ここ大涌谷は火口跡なんだって
なるほどだから温泉が出ているのね~

煙がたちこめて凄い硫黄臭
つわりの最中なら一発アウトだったな


41111105
大涌谷名物黒たまご
硫黄で殻が真っ黒になるんだって
一つ食べると寿命が7年延びるとか・・・

旅行と関係ないが
黒たまごの右側にさりげなく秋田犬
でかいでも顔が可愛いの
すごく大人しい子でみんなに囲まれて
写真撮られまくり、触られまくりだった
私も触ってみたかったけど
飼い主さんに話しかけるのをためらって
触れなかった
断然猫派な私だけど秋田犬はちょっと欲しくなった
でも帰ってきて調べたら
躾や食事の量、寿命の短さ(大型犬は仕方ないね)で
一秒で断念
やっぱ飼うなら猫だ(予定ないけど)

52111105
たまごは殻をむくと普通だった(笑)
気のせいか味がついていて
塩を振らなくても食べられたよ


箱根には外国人の観光客がたくさんいた
震災や放射能の影響で外国人観光客が減っているって
ニュースで見た気がするが
どこが減っているのかさっぱりわからない
GWに兼六園行ったときは外国人は全くいなかったのにね
どこに行っても韓国と中国のマナーの悪さにはうんざり


その後は今日の宿泊地湯河原へ
ちょっと早めに着いたから
真鶴道路に乗って海沿いを走ってみた
天気が悪くて海も綺麗じゃなかったから残念

早々に宿へ

温泉につかりたいわ

ちょっとご無沙汰していました
元気でやってます


近頃また「旅に出たい病」が発病しました

安定期だし近場でどこか行ってこようかなと
今色々検索中

条件は
・露天風呂付き部屋
・その露天風呂ももちろん源泉
・一泊で行ける範囲
・子供お断りの宿

うーん難しい
特に一番最後

一人1泊10万近く出せばありそうだが
そんなにお金ないしなー

子連れ歓迎の宿は山ほど出てくるのに
子供お断りの宿はほとんど出てこない・・・
こういう宿に泊まりたいって人結構多いと思うんだけどなぁ

最後の条件は泣く泣く諦めるしかないか・・・


台湾行きたいベトナム行きたい
イタリア行きたい死海で泳ぎたい
トルコ行きたいバリ島行きたい

行きたい所だらけだ


子供がいる将来より
こうやって飲んだくれて色々旅している将来の方が
想像しやすかった

だから欲しくて焦っていた反面
いなくても人生楽しく過ごせるって自信もあった

でも授かったことに何か意味があるんだろうな
両方の人生は味わえないのだから
この道をじっくりしっかり生きて楽しんで幸せにならなきゃね


今度は未知なる世界
サンリオピューロランドとかキッザニアとか行くのね
あとアンパンマンミュージアムとかか

わが子が楽しんでいる姿を見るのは
自分が楽しむより幸せだっていうからね~
幸せ感じすぎて泣いたらどうしよ(笑)


子供が少し大きくなったらサイパン位は行けるかな?って
旦那と話しています

2月にサイパン行ったとき
行きの飛行機で後ろにいた幼稚園児と1、2歳の男の子たちが
凄くお利口にしていて感心したんだ
親も私たちに「すいません。うるさくないですか?」って
常に気を遣っていたのにも感心

躾のしっかりしている子供を持つ親ほど
謙虚で周りに気を遣っているよね

私もそういう親になるよう努力するわ

ついでに仕事と貯金頑張らなきゃね

イタリアだのは宝くじ当てるか
子供が手を離れてからだね
(遠い将来すぎてよくわからん

大阪食い倒れ紀行 2

二日目
ホテルの無料軽めの朝食
→黒門市場へ散歩
100円のミックスジュース飲む 美味

→車を今夜の宿泊先ホテルの駐車場へ

→通天閣へ
動物園前駅前は独特だね
通天閣は40分待ち せっかくだから並ぶ
並んでいる間も見るものがあって意外と退屈しなかった

→じゃんじゃん横丁でまたもや串かつ
旦那が頼んだゲテモノ「ワニ肉の串かつ」を
間違えて一口食べてしまった
うへぇー最悪
ここの「やみつき胡瓜」っていうおつまみが美味しかった
家で再現してみたいよー
串かつに関しては
前日の串かつ屋より衣が重い
個人的には前日のお店の軽い方が好き

→アメリカ村の甲賀流でたこ焼き
すごい暑くて(この日35℃)たこ焼きなんて気分じゃなかったが
せっかくだから食べる
中がとろーっとしていてびっくり
どうしたらこんな風に作れるの?

→心斎橋界隈をふらふら
特に何も買わず・・・

→ホテルからそう遠くないイタリアンのお店へ
最初ガラガラだったのに次々とお客さんがきて
あっという間に満員
トマトソースのパスタが
カプリチョーザの例のパスタに似ていて美味しかった

→ハイボール酒場へ
さすがハイボール専門店だけあって美味しかった
その辺の居酒屋で飲むのとは大違い
焼きえだまめが美味しくて二皿頼んでしまった
ただ焼いて塩振っただけなのに
茹でえだまめよりずっと甘い
これは簡単だし今度家でも作ってみよう

→ホテル前の中華料理屋へ
〆のラーメン
お腹がいっぱいすぎて半分旦那に食べてもらう
じゃあ頼むなよ

ホテルへ帰る
もちろん今晩も部屋は別
快適な眠りに万歳


三日目
ホテルの無料軽い朝食 パンが美味しかった
→「りくろーおじさんの店」のチーズケーキを買う
安くて甘さ控えめで美味しい
当然だが日持ちしないのが残念

→帰り道のおやつにと
「551 蓬莱」の肉まんを買う
中身がみっちり詰まっていて美味しかった


で帰ってきました
大阪、短大時代に遊びに行って以来だけど
あの頃より治安が良くなっている気がするな

そうそう、色んなお店行っているけど
どのお店でもちょびちょび飲み食いしているのであって
全力で飲み食いしている訳ではありません(笑)
だが当然だが太ったー

大阪は安くて美味しいお店が沢山あるから
また是非行きたいな
次は夏以外の季節でUSJもね

より以前の記事一覧

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ